怪盗シルフィードを捕まえろ!

アルベルタには、此処にしか出没しない怪盗が住まう。
そんな噂は、数年前から、街中に稀に流れていた。
稀に、というのは…見たと言う者が殆ど居なかったからだ。


そして、人を傷つけるような悪事は働かず、
行うことと言えば、決まって商人組合からの商品の盗み出しのみ。
そして、これも決まってとある探偵が姿を現し、
時を置くとその品がいつの間にか戻っているという。


意味不明な事件を起こしている怪盗だが、
現れる時は神出鬼没…
そしていつの間にか姿を消している。


風のように現れて、風の如く去っていく…
そんな彼のことを、人はいつしかシルフィード…怪盗シルフィードと呼んだ。


その正体は……
タダの騒ぎ事が大好きな、自称トレジャーハンター…フェン=ガルーダイン。
怪盗として自らが盗み出した品を、探偵として自ら発見するという、自作自演の茶番。


その真意は…
世界が平和であることは望むべき事だが、
刺激もあって然るべきだし、新たな出会いがあるべきだとも思い…
トラブルを生じさせ、人を巻き込み、人の立ち寄る事の少ない、
このアルベルタに活気をもたらそうという、ちょっと変わった発想からきている。


幸いこの町では、長い事続いている蚤の市がある。
自らも立ち寄るこの場に、出会いとトラブルと、ちょっぴり冒険を交えて…


今日もまた、怪盗はこの港町に降り立つ。

怪盗の捕まえ方


ルールは街中に普通に紛れている怪盗『fen=garudain』を発見し、
追いかけて捕まえる事…ただそれだけです。


ただし、怪盗は変装をしているので、変装している怪盗を見つけたら、
『怪盗見つけた!』と、声を上げて下さい。変装を解いて逃げ出します。


また探偵姿の怪盗は、怪盗ではないので、『怪盗見つけた!』と言っても変化がありません。
逆に、ソウルブレイカーをぶつけられるペナルティが発生します(実害はありません)


逃げる際には、ハイド、クローキング、バックステップ…
逃げ切ったと確信したらテレポートなどで、移動し再変装して現れます。


…蚤の市の○周年記念イベントでの逃走は相当手加減してますが、
このイベントでの逃走は、結構『マヂ』でやります。
心して追いかけて下さい。手加減無しですよ!
その代わり皆さんも手加減無しで追いかけてやって下さい。頑張って逃げますよ!


怪盗を捕まえるには、怪盗が逃げることの出来ない場所へ追い込む事で観念しますが、
一人でも人が通れるような隙間があると、そこから簡単に逃げてしまいます。
追いかけると同時に、文字通り逃げ道を塞ぐというのが、この逃走劇のキモかもしれません。


変装しているfen=garudainを見つけた人、
そして捕まえることが出来た人に、盗み出した(設定です)ものをお渡しします。


なお、このイベントはお金が儲かるだとか、珍しいレアアイテムが手にはいるとか、
そういった類のものではありませんので、ご了承願います。


貴方は怪盗を見つけても、捕まえず談笑を続けても良いし、即捕まえる構えをとっても良い。

  • 最終更新:2011-02-24 17:24:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード