怪盗シルフィードの大盤振る舞い?

怪盗シルフィードの大盤振る舞い?

今年の蚤市周年記念においては、なにやら大々的にやるらしい…
怪盗シルフィードは悩んでいた。
大々的にやるにしても、こちらには盗品…
それも私的に価値があると思っている品々…ばかり。
コレでは回りの景品とどう考えても見劣りしてしまう。
そんなに自分も…いやまてよ?

…運営と懇意にしているから…これをこうして…

そして、筋書きは怪盗の中で織り込まれていった。

怪盗の捕まえ方<ルール・イベントの流れ>

0.イベントの時間は開会式後から~23時45分まで。
  その前段の説明(ここに記す内容)を開会式終了後、
  北側船前のクレーン前にて行います。

1.ゲームに参加される方はまずPT名に
  『怪盗捕まえる!』ぽい名前を付けておいてください。
  ギルド入っていない方は、やむなしなので見えないままで結構です。
  私は参加者の方々の名前を把握しながら逃走をします。

2.イベント開始です。まず【捜索パート】として、
  町中の物陰に隠れている(ハイド・クローク、建物内にあらず)私を、
  発見することが出来れば、粗品を進呈します。

3.粗品の進呈が終わったら、そのまま継続して、
  【逃走パート】に移行します(移行のアナウンスはありません)
  逃走中には、
   ①バックステップは同方向3連続まで
   ②クローキング・クローキングEXは、体感3秒で解除
   ③クローキング中にスキルであばかれると、体感3秒ほど移動を停止
   ④設置型スキルや人の壁は乗り越えられません(隙間があれば通過する)
   ⑤建物・町の外には移動しない
  という制限を課して行動します。
  逃走経路を狭めて、追い込んで捕獲してください。
  捕獲に成功すると、取り囲んだ最大4人に、粗品を進呈します。

6.その後テレポートをして、隠れて、見つけて、追いかけて……
  の繰り返しとなります。

7.途中で、似て非なるキャラが現れることがあります。
  彼らの出すクイズに答えられれば、何かあるかもしれません。

8.なお今回は蚤の市周年イベント仕様なので、
  ①怪盗が速度上昇P・馬牌を使う事がある。
  ②他のイベントの迷惑にならないよう、イベント開催地域においては、
   参加者は設置型スキルの使用を固く禁じる。
   (私も人が居るところは通れない仕様なので、人混みでの逃走は困難を極めます)
  という特別ルールが課されます。

ざっとこんな感じになります。
みんなで協力して、怪盗を捕まえましょう♪

<初めての人向けに、役割分担の一例>

1.追跡・捕獲班:
  とにかく追いかけてプレッシャーをかける。
  怪盗が追いつめられた時は、すかさず怪盗の上下左右に滑り込む。

2.妨害班:
  設置型スキルが使える人
  怪盗の動きを読んで、先手打って設置型スキルを置く。
  …結構お金かかるので、無理はしないように。

3.あぶり出し班:
  ルアフ・サイト・集中力向上・ディティクティング等が使える人
  常時隠れている訳ではないけれど、居ると怪盗にとってプレッシャーになる。
  あと、隠れている時にあばけると、体感3秒ほど動きを止めるので、
  妨害班とのコンビネーションが決まると、即お縄にもできる。

4.情報班:
  これだけを専門でやっている人を、私は見たこと無い。
  怪盗がどのへんにいるかの情報共有は必須。

5.怪盗応援班:
  稀に居る。私に速度上昇をかけてくれる、ありがたい人。
  …稀に追跡隊の誰かが、間違ってなのか?かけてくれることがある。
  君は心の友だ(笑

参加者は自然とこの5種のいずれかな行動を取るようになるので、
参考・目安として覚えておくとよろしいかと思われます。

最後に一言:
このイベントは、ウォーリーを捜せ的風味の鬼ごっこを通じて、参加者に楽しんで貰う為のものです。

勿論楽しんで貰うために、準備はしておりますが、
単純にモノが目当てのお方は、申し訳ありませんが参加しない方がよいかもしれません。
参加しても心底楽しめない可能性があります。

そうではなく、私のくだらない道楽に付き合ってもいいぜ!とか、
どうやったら怪盗を効率よく捕まえられるか?とか、
単純に怪盗との掛け合いが好きだ、等、そう言った方は是非おいでませ♪


  • 最終更新:2012-01-29 19:26:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード